必死に調べた恋愛テク

【必見】withのプロフィールのコツ12選+α!異性から好印象を持たれる自己紹介とは

なすの断面くん
なすの断面くん
「withでなかなかマッチングしない」
「どんなプロフィールがいいかわからない」
「印象の良いプロフィールの作り方を教えて」

そんなお悩みにお答えしていきます。

withとは、メンタリストDaiGo監修の性格診断テストを使い、心理学的に相性の良い相手を探せるマッチングアプリです。

素敵な出会いを求めてwithを始めてみたものの、プロフィールの作り方に苦労している方も多いはず。プロフィールはマッチング率に大きな影響があるので、安易に決めてしまうのはよくありません。

とはいえ、自分でも魅力的なプロフィールを作れるか不安に思う方もいると思います。

でも安心してください、画像・自己紹介文などのコツをつかめば誰でもマッチング率が上がるプロフィールを作れますよ。

この記事では

  • プロフィール画像のコツ3選
  • 自己紹介文のコツ3選
  • 詳細なプロフィールのコツ3選
  • プロフィール作成時に注意すること3選
  • 【+α】もっとマッチングするためのテクニック3選

と、withのプロフィールの作り方を徹底的に解説していきます。

特にwithの独自機能に注目したマッチング率UPのコツについても詳しく紹介しているので「なかなか思い通りに出会えない…」とお悩みの方も必見です。

ぜひ、この記事を参考にwithで印象の良いプロフィールを作ってみてください!

マッチングなら - with(ウィズ) - 婚活・恋活 - マッチングアプリ - 共通点でマッチング

with- 婚活・恋活 – マッチングアプリ – 共通点でマッチング

無料

>>iPhoneでwithを無料で登録
>>Androidでwithを無料で登録

withのプロフィール画像のコツ3選

人と人が出会うとき、第一印象は3秒以内に決まり、見た目に影響を受ける割合は約55%と言われています(メラビアンの法則)

マッチングアプリも同じように、プロフィール画像で第一印象のほとんどが決まってしまうと言っても過言ではありません。

実際に会うより情報量が少ない分、プロフィール画像がもつ役割はもっと大きいでしょう。

そこで、ここではマッチングに最も大切なプロフィール画像について撮影・選び方のコツを詳しく紹介していきます。以下の3点を確認しましょう。

  1. 清潔感があり人柄が伝わる
  2. 他撮り加工なし
  3. サブ画像で個性を出す

詳しく解説します。

新たにアップロードする画像には審査があります。基準は公序良俗に反するものでないかどうかです。およそ1時間程度で完了するので、あわせて覚えておきましょう。

1. 清潔感があり人柄が伝わる

美形でなければwithでマッチングできないと身構える必要はありません。なぜなら公式ホームページにあるように、withからたくさんのユーザーが交際し、結婚につながっているからです。

そのため重要なのは、プロフィールを見た相手に「この人は悪い人ではなさそうだ」と思ってもらうことです。

身だしなみをきちんと整え、自然体の笑顔が出ている画像をメイン画像に選びましょう。

2. 他撮り加工なし

自撮り・加工ありの画像はあまり異性ウケがよくありません。

特に男性の場合は、撮影中・編集中の様子が想像できてしまい、必死感が伝わってしまいます。

そこでおすすめは、マッチングアプリ用の宣材写真を撮影してもらうことです。専門のカメラマンも増えているので、スキルシェアサービスやSNSで検索してみましょう。

3. サブ画像で個性を出す

withでは、メイン画像1枚+サブ画像9枚まで登録できます。

MAXまで登録したほうがいい!とまでは言いませんが、サブ画像はあなたの趣味や好きなことを異性にアピールするのに使えるので、いくつか登録して損はないでしょう。

たとえば、野球好きなら実際にプレイしている画像や観戦で盛り上がっている画像、猫が好きなら猫カフェで戯れている画像などが良いでしょう。

文章で「野球が趣味です」「猫が好きです」と書くよりも、画像のほうが相手は想像しやすく印象に残りやすいです。

また、複数の画像を登録しておくことで業者と思われにくいというメリットもありますよ!

withの自己紹介文のコツ3選

異性がプロフィール画像の次に見るのは、自己紹介文です。文章を書く機会がない人にとっては、なかなか慣れない作業かもしれません。

しかし、異性があなたとマッチングするかどうか決めるとき、じっくり読まれることも多いので軽くみてはいけません。

ここでは、自己紹介文の書き方について3つのコツを紹介します。

  1. 未記入・短文・テンプレはNG
  2. 誠実さを心がける
  3. さりげないユーモアを織り交ぜる

一つひとつ確認していきましょう。

1. 未記入・短文・テンプレはNG

本当に出会いを求めていることを異性に知ってもらうには、オリジナルの自己紹介文がおすすめです。

未記入・短文・テンプレでは業者感が強まってしまうので、いいねを送っても無視されてしまう可能性も。

時間をかけてないのかな?と勘ぐられてしまうと、出会いを求める異性は温度差を感じてしまいます。何をアピールするか、どんな表現をするかを一度真剣に考えてみましょう。

特に参考になるのは、人気会員のプロフィールです。withでは自己紹介文の作成画面で「他会員の参考例」を制限なく閲覧できます。

自己紹介文が上手い人はどんな要素を含めているのか、分析してみると良いでしょう。

2. 誠実さを心がける

自己紹介文をタメ口でなれなれしく書いたり自分語りばかりになって相手のことを考えられなかったりするとNGです。

いきなりタメ口を使うと相手から軽い印象を持たれるので「不誠実そうだから関わるのをやめよう」と、避けられてしまいます。

たとえば「プロフィールをご覧いただき、ありがとうございます」と冒頭で感謝を述べるのも、誠実さの1つです。

相手の気持ちになって一つひとつの発言にこだわってみましょう。

3. さりげないユーモアを織り交ぜる

ユーモアのある文でアクセスを集めている人気会員も多く存在します。文章力に自信がある方は、思わず相手がクスッとしてしまうような文言を含めてみるのがおすすめです。

顔文字などを使ってフランクな印象を与えるのもいいでしょう。

とはいえ、やり過ぎると引かれてしまうので、笑いの押しつけには注意しましょう。

withの詳細なプロフィールのコツ3選

withには異性とマッチングしやすくなる独自の機能があります。その機能をうまく活用すれば、もっと多くの人に興味を持ってもらえるかも知れません。

ここでは、詳細なプロフィールで好印象を抱いてもらうためのコツを3つ紹介します。

  1. 検索されることを意識する
  2. 性格診断を必ず受ける
  3. いいねカードに積極的に参加する

それぞれ詳しく見ていきましょう。

1. 検索されることを意識する

withには優秀な検索機能がついています。

そのため、自分のプロフィールにたどり着く方法には、異性が理想の恋人を条件検索するルートがあることを覚えておきましょう。

具体的には「タバコは吸わない」「初回デートは割り勘」などの詳細なプロフィール情報にはすべて回答しておいたほうが出会いの確率は上がります。

まだ回答していない人は、出会いを取りこぼすことがあるので早めの登録がおすすめです。

なお、これはテクニックの1つですが、登録する数字はキリを良くしておくと良いでしょう。異性が「身長170センチ以上」「年収400万円以上」と検索する可能性があるからです。

完全な嘘はよくありませんが、身長は169センチなら170センチに、年収390万円なら400万円に、少しサバを読んでみるとマッチングに影響があるかも知れません。

2. 性格診断を必ず受ける

withには、メンタリストDaiGo監修の性格診断テストがあります。相手との相性度が見れるようになるので、気になる異性を見つけるきっかけになるでしょう。

マッチング後に話のネタにもなりやすいので、性格診断は真面目に受けることがおすすめです。

逆に、性格診断テストを受けていない人は業者と判断されることもあり、出会いに進展しづらいので注意しましょう。

3. いいねカードに積極的に参加する

withには自分の趣味を登録できるいいねカード機能があります。これにより、自分と好みが似ている異性を探しやすくなっています。

そのため、暇があるときにはいいねカードをタップしてたくさんの趣味を登録しておくのがおすすめです。スマホアプリでサクサク進められるので、気軽に始めてみましょう。

マッチングなら - with(ウィズ) - 婚活・恋活 - マッチングアプリ - 共通点でマッチング

with- 婚活・恋活 – マッチングアプリ – 共通点でマッチング

無料

>>iPhoneでwithを無料で登録
>>Androidでwithを無料で登録

withのプロフィールを作るときに注意すべき3つのこと

withのプロフィールは丁寧に作り込むとマッチング率が上がります。

しかし、張り切りすぎて限度を超えてしまうと、自分だけでなく相手にも迷惑をかける可能性も。そこで、ここではwithのプロフィールを作る際の注意点について3つ紹介します。

  1. 嘘は書かない
  2. 長文すぎると重い
  3. 身バレしたくない人はFacebook連携を強化

詳しく確認していきましょう。

1. 嘘は書かない

自分をよく見せようという心理が強く働くと、プロフィールを盛りすぎてしまうことがあります。「年収1,000万円」「医学部」などすぐにバレる嘘をついていないか確認しましょう。

相手の時間を無駄に奪ってしまいますし、バレたときに自分の立場が悪くなってしまいます。

自分の等身大のプロフィールを相手に伝え、後ろめたい気持ちを抱えること無くマッチングに臨みましょう。

2. 長文すぎると重い

気合を入れすぎて、プロフィールが長文になってしまうと逆効果です。

withのユーザーは20代から30代前半の男女がボリュームゾーンで、ライトな恋活を求めています。そのため、自分の想いや経歴を長文で語っている人とは少し距離をおいてしまいます。

多くともスマホ画面一枚で収まるくらいに量をおさえ、相手に伝えたいことを絞って書くようにしましょう。

3. 身バレしたくない人はfacebook連携を強化

身バレが怖くて本人が特定されるような画像や紹介文に抵抗がある、という方はFacebookとの連携を強化するのがおすすめです。

withにはFacebookの友達が表示されない仕組みが搭載されています。

もし、リアルでは知り合いだけどFacebookでは友達ではないという人がいれば、早めに友達申請をしておきましょう。withアプリで友達更新をすれば、マッチングを回避してくれます。

【+α】withでもっとマッチングするためのコツ3選

withはプロフィールをきちんと準備すればマッチングしやすいアプリです。特に、独自機能が充実しているため、趣味や好みが合う人と出会いやすい特徴があります。

ここでは、素敵な人との出会いをもっと加速させたい方のために、マッチングのコツを3つ紹介しますので、参考にしてみてください。

  1. 期間限定の性格診断イベントに参加してみる
  2. メッセージ付きいいねを送ってみる
  3. 足あと機能を活用してみる

一つひとつみていきましょう。

1. 期間限定の性格診断イベントに参加してみる

withでは不定期で期間限定の性格診断イベントが発生します。正直このイベントにはメリットしか無いので、マッチングを増やしたい方はどんどん参加するのがおすすめです。

診断結果が同じ人なら1日10回も無料でいいねを押せるので、費用を抑えてアプリを利用したい方はぜひ参加しましょう。。

有料会員でも月に押せるいいね数には制限があるので、このイベントを活用しない手はありませんよ。

2. メッセージ付きいいねを送ってみる

いいねを3つ消費することで、マッチング率が高いメッセージ付きのいいねを送れます。特に気になる異性に対しては、この仕組みを活用すると良いでしょう。

また、先ほど紹介した期間限定の性格診断イベントでは、メッセージ付きいいねも無料で送れます。

まだ送ったことがない人は、イベント中に試してみるのがおすすめです。

3. 足あと機能を活用してみる

withには、自分のプロフィールを見てくれた人を確認できる足あと機能があります。

なかなか共通のきっかけがなくても、足あとで自分に興味を持ってくれる相手を見つけられるのがメリットです。

そのため、気になる相手に足あとを付けておくことが自分を認知してもらうための近道です。マッチング率やマッチング数に大きく影響するので、活用しない手はありません。

そこで、開発されたのが自動足あとツール「アッシー君」です。アッシー君を利用すると、指定した条件の異性に足あとをつけに行ってくれるので、多くの人に自分のプロフィールを見てもらえます。

自己紹介文を整えた後は、アッシー君を活用して素敵な出会いを目指しましょう!

▼アッシー君ファイナル2の詳細はこちら▼

【メンタリストDaiGo監修】
withは心理学テストであなたにマッチした出会いを

  • 心理学に基づいたマッチング機能であなたにピッタりの人が見つかる
  • 会話のテンプレートなどが用意。マッチングアプリ初心者に一番優しい
  • 男性有料プランの価格が2,980円/月。1ヶ月プランでは最安値帯の料金
マッチングなら - with(ウィズ) - 婚活・恋活 - マッチングアプリ - 共通点でマッチング

with- 婚活・恋活 – マッチングアプリ – 共通点でマッチング

無料

>>iPhoneでwithを無料で登録
>>Androidでwithを無料で登録